心材と辺材

心材と辺材

心材は木の中心の側にある材、辺材は周辺側にある材のことを指します。

 

心材と辺材

 

一般的に心材は虫害等に強く耐久性があります。辺材は虫害に弱く、腐りやすいという特徴があります。実は辺材部分はは生きた木の細胞で出来ていますが、心材は木としては死んでしまった細胞で出来ています。木は根っこから水や養分を吸い上げて、枝や葉、実などに栄養を運んでいますが、それは導管という管を通って行うのですが、心材部分ではその働きが既にありません。導管の働きは辺材部分で担っています。では心材は何をしているかというと、木が大きくなっても倒れたりしないように、大きく太くなった木全体を支える役目を果たしています。虫に食われては柱の役目を果たしませんから、辺材の役目を終えて細胞が死に、心材となる際に、これまで水や養分を運ぶ役目をしていた導管に、虫が嫌う薬剤のような成分を埋め込み、目を詰まらせて硬くします。結果的に、これが木材として使う際に、より堅牢な木材として使えるということになるわけです。

 

木札として木材を使う場合、防虫効果があって目が詰まった心材のほうが、辺材よりも良い材になると言えます。

 

ただ、樹種によっては、この心材と辺材の色のコントラストが美しい材もあります。そういう材については、あえて心材と辺材の境目部分を木取りし、ツートンカラーの木札として楽しむこともできます。この場合、樹種によっては心材と辺材の強度差があることもありますし、上で述べたように、通常は木札にはあまり向かない虫が食う辺材を使うわけですから、全体としての強度の確保や虫穴に注意が必要になります。特別な管理が必要な分、木札の価格も高くなる傾向にあります。

 

本紫檀ツートン

 

写真は本紫檀のツートン中札Mサイズの傾奇(かぶき)札です。