木札の作り方4〜穴開け

木札の作り方4〜穴開け

木札としての形・サイズを整え、文字や絵柄を彫刻した。これで木札として完成・・・というわけにはいきません。木片を木札として使うためには、首からかけるにせよ根付け・ストラップに使うにせよ、紐を通す穴がないと使えません。ここでは穴開けについて解説します。

 

自分で作ってみよう

木片に穴を開けるには、「ドリル」が必要になります。ドリル以外にも穴を開ける手段はあるかもしれませんが、効率面、経済面から考えて、ドリル以外の選択肢はないと言って良いと思います。簡単なドリルの使い方としては、まず電動ドリルドライバーが挙げられます。ただしこれは手で持って穴開けを行いますので、よほど技術がない限り、どうしても穴が斜めに開いたり、中心からズレて開いたりしてしまいます。そうならないためには、手持ちの電動ドリルではなく、ボール盤を使った穴開けが望ましいです。ただ、ボール盤は大きく場所を取るし、重くて持ち運びも容易ではありません。DIYで趣味で木札を作るために、ボール盤を買って家に置いておくというのも邪魔だし現実的でないかもしれません。

札工房ではこうして作る

札工房では、もちろん穴開けにはボール盤を使います。やはり木札の穴は「まっすぐ」に限ります。どれだけ希少な樹種を使っても、どれだけ精細でカッコイイ彫刻を彫っても、穴が綺麗に開いていないと台無しです。また、穴あけ時に、まっすぐドリルを刺せないと、木片の端をドリルの刃がひっかけて、木札の端を割ってしまいます。

 

せっかくの木札です。手に取って日々眺めて所有欲を満たす時、ど真ん中からズレた穴に気付いたら・・・。表から見たら真ん中だったのに、裏から見たらズレていると知ってしまったら・・・。その残念な気持ちを味わって頂くのは忍びないので、丁寧に、慎重に、ボール盤を使ってど真ん中にまっすぐ穴開けをしています。