木札の作り方2〜整型

木札の作り方2〜整型

作ろうとする木札のサイズの木材が売っていれば便利ではありますが、そういうサイズで売られていることはまずありません。ですから希望のサイズには自分で製材するか、材木店で製材してもらうかだということは「木札の作り方1〜製材」で説明しました。では製材が完了したら木札の形は完成するのか。そんな簡単にはいきません。自分でノコギリで切るにしても、材木店で機械で製材してもらうにしても、希望のサイズにピッタリ出来上がるわけではありません。製材はあくまで製材。ミリ単位で正確なサイズにしてもらえるわけではありません。木札は小さな木片で、しかも手にとってまじまじと眺めて所有欲を満たすためのものですから、ミリ単位の正確さが求められるものです。
製材でおおよそのサイズ、形が出来上がったら、次はミリ単位で設計通りに仕上げる作業が必要です。これを札工房では「整型」と呼びます。

 

自分で作ってみよう

整形は、どのように行うのが良いでしょう。

 

大工さんが木材の形をミリ単位で整える時には、通常「鉋(かんな)」を使って行うことが多いと思います。しかし素人に鉋は簡単には使いこなせないのと、大工さんが日常よく使う木材と、木札に使われる木材では材質が違います。世間の木札屋さんには、ヒノキやヒバといった材をメインに使う木札屋さんも、あるにはあります。その場合は大工さんと扱う木材は似ています。軽くて、柔らかくて、鉋でひけばカツオブシのように綺麗に削っていくことも出来るでしょう。ただ、木札として本当に美しく長く使えるものに仕上げようと思えば、大工さんが使うような木材では役不足です。スギやヒノキのような針葉樹や、ニレやタモといった環孔材を使うより、ツゲや黒檀、紫檀といった散孔材を使うほうが満足度は高いです。そうなると「鉋(かんな)」はあまり役に立ちません。硬い木材はプロでもかんながけは難しく、素人がやろうとすると怪我をする恐れがあります。

 

結局、「やすりがけ」ということになるかと思います。やすりがけにも色んな方法があります。普通のサンドペーパーから、金属やすり、サンダー。サンダーも様々なものがあります。オービタルサンダー、ランダムサンダー、ベルトサンダー、グラインダー等。予算が許すなら、ベルトディスクサンダーが最もパワフルに効率よく整型できます。

札工房ではこうして作る

札工房では、なんだかんだで「サンドペーパーで手磨き」を採用しています。そこに至るには色々と試行錯誤を繰り返しましたけどね。ベルトディスクサンダーが効率は一番良いですが、結局、製材でかなりの精度で完成型に近いサイズまで仕上がっていると、残る整型工程は最後の微調整だけになります。はっきり言ってサンダーで削ると削りすぎてしまうんです(汗)。それと、木札は完全な直方体にするのではなく、12の「辺」を面取りして手触りをソフトにしてあげる必要があります。ベルトディスクサンダーでは、この面取り作業はやりにくいんです。サンダーで面取りをすると角が丸くなりすぎてしまいます。

 

ということで、札工房では、サンドペーパーでサイズを整えながら、面取りも全て手磨きで行っています。番手は#40〜#1500を使用し、最後はつるつるのピカピカに仕上げていきます。